壁面緑化

壁面緑化は、屋上緑化で気をつけなければならない緑化防水や耐荷重などについての問題はありませんが、壁面に穴を開けてワイヤーや金網を取り付ける場合は必ず防水処理が必要です。

それと将来必ず必要となるメンテナンスを考慮した上で工事をする必要があります。

壁面緑化の効果

●ヒートアイランド現象の緩和
屋上緑化壁面緑化などの特殊空間を緑化し、都市の緑化面積を多くしていくことによって、効果が期待されています。

●省エネ効果
建物を植物で覆うことによって、壁面と壁面緑化との間に空気層を設けることができます。その為、壁面の温度の上昇を抑制することが可能になり、よって室内で使用するエアコンの冷房効率を高め、電気代の節約ができます。

●空気を浄化する効果
壁面緑化に使用している植物の光合成によって、二酸化炭素や大気汚染物質を低減する効果があります。

●建物を保護する効果
壁面の弱点は温度変化による膨張と圧縮によって起きるひび割れです。壁面を緑化することによって、 直射日光を遮ることが可能になります。

壁面緑化の工法

ワイヤーや金網を使用し、つる植物を壁面の下から上へと登坂させるタイプ、または、壁面の上から下へ登坂させるタイプ、もうひとつあります。
それは、植栽基盤を壁面に張り付けて植物を生育させるタイプがあります。

助成金について

自治体によって「壁面緑化」にも助成金制度がありますので、お問合せください。

画像の説明

この写真は壁面緑化の一例です。

例えば、ベランダにホームセンターで買って来たネットを張って、植物のカーテンにしてみるだけでも、手軽に楽しみながらできる緑化なのではないでしょうか。

でも、壁面に穴を開けるような場合は、そこから雨漏りがしないように防水処理をしなくてはなりません。
本格的な壁面緑化はやはり専門工事店に任せた方が安心です。

自分でできる範囲の緑化は、ホームセンターでつる植物やネットを買って来て、楽しみましょう。
(2008.9.18)

お問合せはこちらへ

電話 048−422−8737  ファックス 048−422−8747

〒335-0031 埼玉県戸田市美女木3−17−4
『屋上緑化&緑化防水.com』、クリエイトコスモ株式会社