屋上緑化の問題点

積載加重について

180kgf/?といわれている積載加重ではなく、地震荷重で計算しなくてはなりません。

地震荷重は60kgf/?です。
さらに、屋上に地震荷重60kg/?ギリギリまで載せてしまうと、せっかく作った屋上庭園に人が入れなくなってしまいます。

建物の強度というものは、もちろん余裕を持って作られているはずですが、その辺のことも緑化をする以上、第一に考えるべきです。

緑化防水と防根について

樹木の根には信じられないくらいすごい力があります。

ただ普通の防水をして軽量土壌を入れて、緑化をすると後で必ずひどい目にあいます。
それは、樹木の根が防水層を突き破り、躯体に根を張ることがあるからです。

それを十分知った上で、緑化防水をして、防根シートを張るなどの防根対策を完璧にしておく必要があります。

風加重について

風加重は建物の高さや構造に密接に関係しています。
樹木の転倒防止、緑化基盤、土壌、仕上材の飛散防止を必ず行いましょう。

風には押す力(正圧)、持ち上げる力(負圧)があります。

負圧が大きく働くのは、屋上は真ん中ではなく、端部です。
見た目は、真ん中のほうが危ないように見えますが、実は端の部分です。
高層ビルになると、特に風加重に気をつけて設計する必要があります。

排水について

雨漏り調査で屋上に上がると、排水口に土がつまり、木が生えているのを見かけることがあります。

屋上緑化をした場合、排水口の掃除を行わないと、土が溜まり、プール状態になったり、鳥が運んだ種が育って、立派な木が生えてしまうことがあります。
この部分は、掃除をするように心がけたほうが良い場所です。

自分で緑化の実施を考えている方は・・・

さらにインターネットで調べたり、よく研究してから実行することをお勧めします。
その理由は、それほど気をつけなければならないことが多いからです。

例えば、市販されている並べるだけの芝マットを購入して、屋上緑化をする場合は、特に既存の防水層が耐えられるものなのか、注意をする必要があります。

工事業者に任せて屋上緑化をした後、雨漏りがしたり、植物が枯れてしまったり、うまくいかなかった場合は、当店が後を引き継ぎますので、ご連絡ください。
(2008.9.18)

お問合せはこちらへ

電話 048−422−8737  ファックス 048−422−8747

〒335-0031 埼玉県戸田市美女木3−17−4
『屋上緑化&緑化防水.com』、クリエイトコスモ株式会社