屋上緑化の工程(緑化防水2)

改質アスファルトシート防水/通気緩衝工法 施工中(2008.10.31)

改質アスファルトシートの貼り合せ部分に、増し貼りとしてもう一枚改質アスファルトシートを貼り付けた写真です。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

この写真と昨日の写真を見比べてください。

改質アスファルトシートの重なりある部分にもう一枚貼っています。

この増し貼りをすることで、さらに安心できる「緑化防水」にすることができるのです。

僕は、より安心できる「緑化防水」を形成するには、防水材料メーカーの工法+自社の工夫が必要だと考えています。

なぜかと言うと、実際に15年の防水保証書を発行し、雨漏りがしない「屋上緑化」をお客様に引き渡すのは、当工事店だからです。

そして、すべての責任持つのは、職人社長である僕だからです。
ですから、施工に妥協はしません。
納得がいくまで施工します。
これが当工事店の「防水工事」に対する考え方です。

改質アスファルトシート防水/通気緩衝工法 施工中(2008.10.30)

今朝、撮影した工事写真です。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

この写真は、改質アスファルトシートの表層に砂粒を圧着したシートを貼り付けてから、下地調整剤を塗布した状態です。

この次に耐根シートを貼り付けるわけですが、耐根シートを貼り付ける前にまだ少しやることがあります。

シートを貼り合わせると必ずシート同士が重なる部分が発生します。

今日は、そのシート同士が重なり合う部分をさらに補強します。

改質アスファルトシートを20cmの幅で切り、補強貼りをします。
これで安心できる緑化防水が形成されることになります。

そしてその端末部分は、もちろんアスファルト系のシール材で隙間をふさぎます。

緑化防水は、一般的な防水層とは違います。
「雨漏りは絶対にさせない!」為に気を使い、丁寧に仕上げる防水なのです。

(2008.10.30)

改質アスファルトシート防水/通気緩衝工法 施工中(2008.10.27)

改質アスファルトシートに砂粒を圧着したシートを貼り付けています。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

今朝の進捗状況です。
現在、通気緩衝シートの貼り付けは終わり、二枚目の改質アスファルトシートを貼り付けているところです。

この2枚目の改質アスファルトシートを貼る前に、1枚目のシートのジョイント部分は、コーチングで処理をしています。

これをするとしないとでは、もちろん安心感が違います。

15年の防水保証書を発行する以上、念入りに処理をしなくては、施工する僕達も安心することができません。

「緑化防水」は、緑化工事の下になってしまい、後でどこが悪いのか確認することもできなくなってしまうので、100点満点で80点をつけられる工事では困ります。

100点満点で120点がつけられる工事でなければならないのです。

「緑化防水」とは、それほど気を使う工事なのです。
(2008.10.27)

屋上緑化の工程(完成)/屋上緑化の工程(耐根シート~荷揚げ)/屋上緑化の工程(緑化防水2)/屋上緑化の工程(緑化防水1)

お問合せはこちらへ

電話 048−422−8737  ファックス 048−422−8747

〒335-0031 埼玉県戸田市美女木3−17−4
『屋上緑化&緑化防水.com』、クリエイトコスモ株式会社